イナタビ

田舎で旅するように暮らしたい

*

ASUSプロジェクターZenBeam E1とS1の比較レビュー

   

小型で高性能なプロジェクターを求めて「ASUS 小型ミニ プロジェクターS1」にたどり着いたマサヤ(@masayamuko)です。

ASUSミニプロジェクターの新型「ASUS ZenBeam E1 ポケット LED プロジェクター」が気になってたところ、友人が入手したとのことで彼の実物と同時に起動させて比較してみました。

今回は、特に気になる大きさ・サイズの違い、明るさの違い、その他並べて使って見て気になったところをまとめた比較レビューです。

比較してみたまとめ

比較した結果だけ欲しい人のためににこちらでそれぞれの特長と向いている人をまとめます。

新型「ASUS ZenBeam E1 ポケットプロジェクター」のメリット・デメリット

とにかく小型・軽量、そして台形補正機能が必要な人はこちら!


ASUS ZenBeam E1 ポケット LED プロジェクター(小型ミニ/ 150ルーメン/ 6,000mAh バッテリー内蔵 /5時間の投影時間/ モバイルバッテリー / HDMI MHL 対応)

メリット
・S1の横幅を削って小さくなってます。片手で掴みやすく収納しやすいです。
・S1にはなかった「台形補正」がついててとても便利です。
・投写するときのモードが多くていろいろなシチュエーションに対応させやすい。

デメリット
・S1に比べて投写する画面のサイズが小さくなる。
・光量が少なくなっていて、映し出す映像が少し暗い。
*かなり部屋を暗くする必要があります。

ASUS S1 小型ミニプロジェクターのメリット・デメリット

小さな部屋でも大きく、そして明るく画面を投写したい
Fire stick TVと一緒に使いたい(端子の間に隙間があるのでコンパクトに配線できる)
そんな人はこちら!
参考: ASUSのプロジェクターとFire TV Stickが最高!!


ASUS 小型ミニ プロジェクターS1 ( 軽量342g / 高さ3cm / 200ルーメン / HDMI MHL対応 / 6,000mAhバッテリー内蔵 / 投影距離約0.73m / DLP方式 )

メリット
・Fire TV Stickとの相性がいい
・光量が強くて多少明るい部屋でも見やすい
(あとで光量比較しているので参考にしてください)

デメリット
・大きく、重たい
・台形補正がない

サイズと重さの比較

全体的に見て新型のZenBeam E1は丸みを帯びていて可愛らしいデザインになっています。
旧型のS1はカクカクしていてかっこいい!この外観は好み別れると思います。

その他重さとサイズも比べてみました。

重さは少ししかかわらない

新型のZenBeam E1は304g
それに比べてS1は340g

36gの違いです。よっぽどの人でないとこれくらいの重さの違いは気になるものではないと思います。タブレットのように常に手荷物ものでもないし。

大きさは横幅が小さくなった

横幅が確実に小さくなっています。
「スマフォよりも少し大きいかな?」くらいの横幅です。

厚さは多少薄くなった

横から見るとわかるようにほんの少し薄くなっていますね。
丸みも帯びてるから実際の分厚さ以上に薄く見える気がしました。

充電器がコンパクトになったのは大きい

本体サイズよりも充電器のサイズが大幅に小さくなっています。
これはすごく嬉しいポイント!

重ねて見るとこんなに違う!!

端子の幅が違う

横幅が小さくなった分、端子同士の幅もギュギュッと狭くなっています。
今まで、fire TV プロジェクターを隣のUSBから給電しながら使っていた方は「新型ZenBeam E1」ではそのまま使えない可能性があります。

Asus S1の端子部分

S1ではこのようにFire stick TVと一緒に繋ぐことができました。 2世代の新型Fire Tv stickではすこしきつきつになりましたがそれでも問題なく使えています。

新型ZenBeam E1の端子部分

新型のASUS ZenBeam E1はググッと小さく圧縮されています。これではS1のようにコンパクトにFIre Stick Tvと給電をできず、写真のように延長HDMIと長いUSBケーブルになります。

同じ距離でも画面のサイズが違う(焦点距離)

これが一番びっくりしたことです。しかもだいぶ違います。
同じ距離から写してこれだけサイズが違いました。

横並びで同じ距離から壁に投写して

これだけサイズが違いました。
左 ZenBeam E1、右 S1

ちょっと見にくいですが重ねるとこんな感じ
一回りくらい違うのがわかります。

狭い部屋のスペースの中でできるだけ大きな画面を映し出したという人には旧モデルのS1の方がいいです。

明るさも結構違います

写真で見る限りではそんなに変わらないかもしれませんが、実際に見たところかなり違う印象を受けました。新型のASUS ZenBeamはどうしても明るさでは負けてしまいます。夜の自宅や、暗くできる環境でしか使わないなら問題はないと思います。

オフィスや外出先で真っ暗にできない環境で使う場合だと旧型のAsus S1の方に利があると思いました。

まとめ

旧モデル ASUS S1がおすすめな人

・大きな明るく投写したい人
・Fire Stick TVをスッキリ使いたい人


ASUS 小型ミニ プロジェクターS1 ( 軽量342g / 高さ3cm / 200ルーメン / HDMI MHL対応 / 6,000mAhバッテリー内蔵 / 投影距離約0.73m / DLP方式 )

新モデル ASUS ZenBeam がおすすめな人

・小型軽量で少しでもやすいものがいい人
・台形補正で映像を見るまでの手間を減らしたい人


ASUS ZenBeam E1 ポケット LED プロジェクター(小型ミニ/ 150ルーメン/ 6,000mAh バッテリー内蔵 /5時間の投影時間/ モバイルバッテリー / HDMI MHL 対応)

新モデルに買い替えようかと検討していましたが、自分はとりあえず今のまま旧型のS1をつかい続けようと思います。理由は明るさ。イベントで外出先で利用することがあるので、少しでも明るく大きな画面が投写できる方がいいということが決め手になりました。

以上、ASUSプロジェクターの比較レビューでした。

関連記事

ASUSのプロジェクターとFire TV Stickが最高!!

プロジェクターのスクリーン代用にはニトリの格安ロールスクリーン!

 - プロジェクター・スクリーン, 旅道具・仕事道具