イナタビ

田舎で旅するように暮らしたい

*

「誕生日に孤独」を回避!フレンドファンディング「polca」初体験

   

7月末に妻がワーホリに旅立ち、家を引き払いノマド生活にチャレンジしているマサヤ(@masayamuko)です。

この度、polcaというクラウドファンディングの敷居を下げた「フレンドファンディング」と銘打っている素敵なアプリの存在をTwitterから知って、一人寂しく過ごすであろう誕生日も近かったのでプロジェクト?を立ち上げて、孤独な誕生日城陽の回避を試みてみました。

結果、10名の方から500円ずつ支援をいただき
気になっていたゲストハウス「STAND BY ME」さんに宿泊し、飲めるだけの資金が集まりました。

そのうち4人の方は一緒に飲んでくれるそうで嬉しいことこの上ありません。ご支援、拡散くださったみなさんありがとうございました。

皆様のおかげで僕の誕生日は、なかなか自分ではできないような贅沢(ゲストハウス宿泊)ができ、さらに支援くださった方と飲めるという素敵な機会に恵まれそうです。

今回はその経緯とpolcaの紹介記事です。

polcaとは

やりたい事を思いついたら、企画をたて、必要な金額を友だち同士で集めることができます。

※フレンドファンディングとは、友だち(friend)と、資金調達(funding)を合わせた造語です。

公式サイト: polca (ポルカ) フレンドファンディング

クラウドファンディングの敷居を下げたようなプラットフォームです。
今までクラウドファンディングには人生をかけたような大きなプロジェクトで大義名分が整っていてリターンがしっかりしていないと成立しないようなイメージがありました。

polcaは少額で支援しやすい金額のプロジェクトをみなさんポコポコ立てられています。

そして、

・面白いから
・ちょっと応援したくなったから

という感覚で人々が支援しあっています。

お金がコミュニケーションと共に流通する世界

Polcaを開発したCampfire、家入さん、が目指している世界を表した素敵な投稿があったのでシェアです。

ぜひこのFacebook投稿「もっと見る」を押して
最後まで読んで見てください↓

こうやってお金の流動性が高まったり、コミュニケーションを生むしくみが増えていくのはすごく面白いと思います。

僕のpolcaの内容

本当になんてことはないです。ただただ、自分の欲求で、

「今年の誕生日は妻がいないし、家もないし寂しいなー」
「誰かと飲みたいな」

という理由から立ち上げてみました。

宿泊費 + 自分の飲み代(バーでの5品1000円)
合計5000円を集いました。

リターンは
ゲストハウスの宿泊レポート か 飲み会の参加

お礼のメッセージはそれぞれさせてもらってるけどそれも明記しておけばよかったなとおもいます。

実際のpolcaのページ

妻がいない寂しい誕生日(8/26土)に立ち飲みバー付ゲストハウスでみんなと飲んでそのまま泊まりたい。
→ polcaのページ

polcaおじさん現る

#Macbookおじさん という若者にMacbookを無償提供する人たちが現れて盛り上がったあとだったからか #polcaおじさんと呼ばれたと思います。

#polcaのハッシュタグを辿っていろいろなプロジェクトを支援してくれる方が現れました。僕のプロジェクトはハッシュタグを辿って来てタクスズキさんが支援してくれました。

支援者様様

僕のプロジェクトを支援してくれた方々を紹介します。
ほとんど交流のある友人!ありがとうございます。

ポーカーフェイスさん(@skull_cross)
ミニマリストしぶさん(@SIBU__)
たかろー(@takaro_potter)
暇モアイさん(@himamoai)
はっしぃさん(@hassi1222)
いよちゃん(@265Ahimny)
はじめさん(@hajime0213222)
KAZUさん (@N0C0ffeeN0life)
ナッツミーさん(@ngsmntm)
タクスズキさん(@TwinTKchan)

このうち4人は当日一緒に飲んでくださるようです。

最後にpolcaの注意点

polca楽しいです。
自分が支援してもらったのも嬉しかったし、支援した人から感謝の声が届いたのもすごく嬉しかったです。
polcaでコミュニケーション生まれてます。

ただ、polcaは一回クレジットカード登録して支援するとその後、数クリックで簡単に支援できます。恐ろしいほどに支援のハードルが下がって、気づいたらたくさん支援してる!なんてことも

支援する際は計画的に。

僕は気づいたら1万円以上支援に使っていました。
ちりも積もればなんたら。

 - ライフハック