イナタビ

田舎で旅するように暮らしたい

*

ティピ作りワークショップ開催準備|作り方の手順のおさらい

      2016/12/14

ティピの中で焚き火したい!
そんなメンバーの一言で始まったこの企画!!
半農半Xを目指すチーム”root”は今回糸島にティピ作りをします。

ティピ(ティピーとも言われる)は英語表記で
Tipi またはTeepee って書くらしい。かわいいね。

ティピ作りのイベントページ

早速話あって日程を決めイベントページを作りました。

rootの「KOYA PRO」第一弾!みんなでティピを作ろうプロジェクト!!

Wikiによるとティピとは、アメリカインディアンのうち、おもに平原の部族が利用する移動用住居の一種だそうです。ティピは天井に穴があり、中で焚き火ができるという優れもの!!この中でBBQとかしたいと盛り上がっています。これを(糸島の芥屋にある)メンバーの空き地で竹と防火布を使って作ろうというイベントです。一緒に作って、今後中でBBQなどできる場にしていきましょう!主催メンバーも、ティピ作りは初めてのため、WEBの情報を頼りにみんなで作ることになります。ご了承ください。

参加費:1500円(実費)
持ち物:軍手
*竹の枝をとれるような鎌を持ってる方は持ってきていただけると嬉しいです。

みんなで楽しく素敵なティピを作りましょう!参加お待ちしています。

集合場所:
芥屋の大門公園 駐車場
福岡県糸島市志摩芥屋732 芥屋の大門公園

早く完成できて、参加者の皆さんの余力があれば、希望者で買い出しに行って焚き火してティピの中で何か食べるのもいいかなと考えています。(実費)

引用:https://www.facebook.com/events/413718195502983/

ティピ完成予定の写真

tipi

こんな感じになる予定です。僕らがティピを作るのは糸島の芥屋にあるメンバーの持っている土地。そこにこんな幻想的なものが作れるとは!

ティピ作りに必要なもの

・柱となる竹
・布や防災シート
・地面と固定する為のピグ
・穴を開けるパンチ
・台
・竹の枝を取る刃物

柱となる竹は現地調達

4mくらいの高さの竹がたくさん生えていたのでこれを使う予定です。
ただ、細いのが不安。。。2本1組にして強度を保つ予定。

布や防災シート

防炎シートをインターネットで購入しました。
お値段等こんな感じ。

商品名: 白防炎シート 5.4m×9.0m 1枚入/CS
商品コード: SP-79035
数量:1 ケース
価格:¥ 8,143
https://www.sangyoshizai.com/products/detail.php?product_id=393

地面と固定する為のピグ

近くのホームセンターで購入しました。
値段は後で追記します。

台と鉈

持っている人がいたのでそれを使いました。

ティピを作る手順

・シートと竹を加工する
・設置する場所を平らに。雑草除去。
・設置する地面に円を描く
・均等な3点に3つ竹を立て結ぶ
・残りの6本を立てかけていく
・全てを結び固定する
・シートで囲み、固定
・前の部分を縫う
・完成

では1つひとつを細かく説明

シートと竹を加工する

シートは半円、入り口の部分ができるように切る。
こちらのサイトに詳しく載っています。
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/gfield/pure-8.html

竹の太さは5〜10cmがいいらしい。
おそらく5cmより細い竹しかないので
竹の枝を落として、2本1組に結んでいく。

設置する地面を整える

今回作る場所には雑草がたくさん。
まず抜いて、その後地ならししないとフワッフワな床になりそうです。
どこまで丁寧に行けるかは謎。草は綺麗に抜きたいところ。

円を描く

使う竹の長さと同じ直径の円を描く
そ少し溝にしてその溝に炭を撒くといいらいいです。
水はけ・調湿効果を狙えるらしい。(採用するか未定)

炭があればなあ

均等な3点に3つ竹を立て結ぶ

最初に3本を頭の部分で縛り三脚のようにして立ち上げていきそれに残りを立てかけていくといいようです。

引用元:http://neoearthlife.com/how-to-make-a-tipi-657.html

先に竹3本を結んだ上で立ちあげると言う手順が良さそう。
上で結ぶの難しそうですもんね。

残りの6本を立てかけていく

先ほどの3本立てたものの中心に向かって
円を9等分したうちの残りの6か所から6本立てかけていく

全てを結び固定する

ここでしっかり固定することが大切な様子。
結構紐が必要になってくると思う。
長めに用意しておこう。

シートで囲む

ここでようやくシートをかぶせる。
寸法が間違っていなかったらこれで、床との間に多少の隙間(空気が抜けるように)ができる。
ティピ上部の空気が抜けるようにする仕組みがイマイチ理解できていない。
どうやって開け閉めするんだろうか。

前の部分を縫う

入り口となるひらひらの部分を縫う。
僕らの場合はそこに穴を開けておいてロープを通して大きく(雑に)縫う予定。

完成

完成!!(予定)
うまく完成するといいなー

課題がちらほら

課題はいくつかあります。
・開閉するティピの上部をどう加工するか
・下の隙間部分をどうするか
・床をどうするか
・雨対策

まあとりあえず作ってその後考えよう。

模型を作ってみる

みんなイメージを共有できていないので、一度メンバーで模型を作ってみることにしました。
割り箸と紙を使って作ってみます。ボーイスカウト東京 品川6団のWEBサイトから教えてもらいました。
ありがとうございます。

参加者募集しています。

tipi2

こんな感じに僕ら主催メンバー3人はしっかり準備しておきますので、興味ある方参加してくださいー!
「KOYA PRO vol.1」ティピ作りワークショップ
日時:2016年1月31日13:00 – 18:00
場所:芥屋の大門公園
詳しくはこちら→https://www.facebook.com/events/413718195502983/

参考にしたサイト一覧
・地球生活NEO http://neoearthlife.com/how-to-make-a-tipi-657.html
・ティピー作ってみました http://www.joy.hi-ho.ne.jp/gfield/pure-8.html
・Gfield http://neoearthlife.com/how-to-make-a-tipi-657.html
・ボーイスカウト東京 品川6団 http://www.shina6scout.org/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%94%E3%83%BC%E5%BB%BA%E7%AF%89%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88/

 - 田舎でのゲストハウス開業への道