イナタビ

田舎で旅するように暮らしたい

*

超簡単な会計ソフトfreee使ってます!初めての確定申告準備

      2016/12/14

去年から個人事業主として登録したマサヤ(@masayamuko)です。避けては通れぬ道。税金の申告の時期がやってきました。いやでいやで仕方ないのですがやるしかない。

やるからにはできるだけ少ない労力で終わらせたい。そう思い色々な会計ソフトを探してみたところfreeeに行き着きました。今freeeで確定申告のため情報を入力中なのですが、本当に便利!今の時代に生まれてきてよかったと本気で思ってます。これを今まで、手書きとか手入力でしないといけなかったのかと思うとゾッとします。そんなfreeeの紹介。




超簡単な会計ソフトfreee

freeeのいいところ

・クラウド上に保存され安心便利
・9,800円/年(税込)と格安
・自動同期と自動登録で手間いらず
・カスタマーサポートがすごい
・評判がいい

超簡単な会計ソフトfreee

クラウド上に保存され安心便利

確定申告のために準備していくものなので絶対消えて欲しくないデータを会計ソフトに入力していくことになります。そこで、普通の会計ソフトだと、バアクアップを取るのが大変だったり、そのソフト
が入っているパソコンでしか作業を行えなかったりという不安があります。freeeはネット上に保存されるため、どの端末からでもネットに繋がれば作業できます。さらに個人でデータを管理しているより、大きな企業がお金をかけて厳重に管理してくれているサーバーで管理してもらえる方が安心できると思います。

9,800円/年(税込)と格安

クラウド上で管理できるソフトで会計ソフトを探していくと他に”MFクラウド”という会計ソフトも出てきました。ただ、こちらは月1980円、年21780円の費用がかかります。freeeは半額の値段で利用できるので安い方を選びました。
参考: https://biz.moneyforward.com/accounting/price

簿記の知識がなくてもできる

freeeのコンセプトは簿記が分からなくても簡単に青色申告ができるということなので、わかりやすく簡単に使うことができます。

一方、MFクラウドの方が簿記に忠実らしいので、簿記を少しかじったことがある人は「MFクラウド」のほうがいいのかもしれません。

6757849129_54c4f1ab10_z

freeeは手間いらず

とにかく、手間をかけたくない僕は手間がかからないものを探し求めていました。
freeeはクレジットカードと銀行口座とPaypalなど使っているものを登録すると、その口座やカードの取引データを自動的に読み込んでくれます。あとは、そのデータを振り分けていくだけです。このソフトがなかったら手打ちで数字を打ち込んで、ミスしてやり直してという作業を永遠と続けていただろうなとゾッとしています。

さらに、申告に必要な書類も作ってくれる。確定申告以外にも会社設立手続きや決算レポート作成、経費精算、請求書作成とか諸々全て出来るそうで便利!

カスタマーサポートがすごい

今の時期(2月の後半)すごく忙しいだろうに、ものすごい速さでチャット対応してくれます。これは不安だらけの初めての確定申告に強い味方です。困ってる時に早く対応してくれて的確なアドバイスをくれるここのカスタマーサポートは神のように感じました。かなり救われています。

評判がいい

freeeを安心して選べたのにはやっぱりいい評判をたくさん見てきたからです。
大好きなブロガーイケダハヤトさんに加え、Twitter上や様々なところでいい評判を目にしてきました。
それが後押しして自信を持ってfreeeを選びました。今のところ後悔はしてません。

超簡単な会計ソフトfreee



freeeでの確定申告の流れ

freeeに登録

銀行口座・クレジットカードを紐付け入力

自動で取引を読み込んでくれるので、領収書と照らし合わせながら何の取引だったかを分類していくと完了です!

現金の取引をレシートから入力

クレジットカード以外の取引は領収書から入力しなくてはなりません。
写真を撮って読み込ませる機能があって、これが結構優秀で数字まで読み込んでくれます。
確認して、分類して登録完了です。

そのあとは

あとは書類をまとめて提出・税金の納付を行えば完了。

詳しい流れもfreeeのサイトに載っています。
僕も確定申告完了したらまた記事を書こうと思っています。

まとめ

いろいろ書きましたがおすすめですー!
そして、今自分がギリギリになって思うのが事業をする前にこれらをあらかじめ知っておいて用意しておけばいろんな手間が省けたかもと思います。もし今後事業をする予定の人は無料プランでどうやって同期されるのか、どんな項目で割り振るのかとかしっておいて準備しておくといいかもしれません。

すでに事業をしている人も、会計の知識なくても安く、高機能が使えるのでオススメです。

超簡単な会計ソフトfreee

では、確定申告の期限まで後1か月を切ったので頑張って初めての確定申告終わらせます。読んでくださってありがとうございました。



 - どこでも働ける仕事, 効率化ツール