軽トラハウスBLOGはコチラ

引っ越し時「au光の撤去工事」の注意点→業者さんを信用しすぎてはいけない

引っ越しを機にau光を解約し、softbank光に切り替えたmasayaです。
今回は前の住居での撤去工事についての話。業者さんを呼んだら担当者が状況をみて「これなら撤去工事不要ですね」といわれたので、「そうなんですね!」ってなったのでそのまま退去したらau光さんから電話があって面倒なことになった話です。

結果、僕の方から不動産会社・管理会社さんに連絡して立会いをお願いしなきゃいけないということになりました。これしか手がなくなるみたい。
自分のミスで工事できてないみたいで、すごく不本意でした。テキトーなことを言った工事業者とは連絡つかず。。。ひどい。。。

au光の撤去工事での注意点

業者さんを信じすぎてはいけない、何を言われても「絶対に撤去してもらうこと」です。(au光の場合)

今回の経緯

au光、解約に合わせて撤去工事の手続きが必要だと聞いていたので、その電話で撤去工事の予約を入れてもらいました。
au光さんが手配した業者さんが予定通りにきました。

そして、環境を見てひとこと「これなら撤去工事は不要ですね!」

僕は「そうなんですか」、ってなって終わり引っ越しを終えて一週間。

au光から電話がきて「撤去工事の再設定をしてください」とのこと。
詳しく聞くと「工事ができなかったので再設定する必要がある」と工事業者からau光に連絡があったそうです。

工事業者が撤去工事が必要なのに不要といい
au光に違う報告をしているという最悪な事案でしたとさ

工事業者との連絡はもう取れない

au光さんに「工事業者に連絡させてほしい」
と話したところ

「どの工事業者が行ったか確認できない」
の一点張り

そこからの報告も上がってきてるのにそんなわけないよねー と思いながらもどうしようもない。。。

工事業者が「工事をしなくていい」といった理由(推測)

au光さんが言うには前住居での工事には足場をつけ手作業する必要があるから工事を再設定する必要があると業者から連絡があったらしいです。

それがめんどくさくて工事しなくていいとか言ったのかな??

もう一つ考えられるのは、自分の前の家の環境では、ネット開設時にすでにNTTドコモの光回線の設備を使った跡があってそれを再利用されていました。ドコモの設備は元からあったのでそれを置いたまま退去できるからau光の回線も置いといていい とか勝手に結論づけたのかも??

連絡が取れないので、今になってはもうわかりません。
名刺もらっておけばよかった。

工事業者を信頼してはいけない

自分のところにきた業者さんが残念なところだっただけかもしれません。でも注意しておいた方が良さそうです。

工事業者さんは、au光のスタッフさんではなくてサービスのことも把握していないようですし、なんなら僕のケースのようにテキトーなことをされてあとで連絡取れないなんてことにもなりかねません。

自分がとる「今後の対策」

・業者さんに名刺をもらう
・業者さんの企業名/担当者名をメモしておく
・少しでも不安があったらその場で電話(今回の場合はau光に)

今後、業者さんと接するときはこういうことを気をつけておこうと思います。

今回のトラブルで余裕で6回以上は電話でやりとりして嫌な気持ちになりました。まだ不動産か管理業者の立会いのもと再度撤去工事が終わってないので解決したわけではないけどこのあとなにも問題なく 解決すること祈るばかりです。

今後、インターネットの開線・撤去工事をされる方は僕と同じような目に合わないために少しでも参考になると嬉しいです。