軽トラハウスBLOGはコチラ

キーボード「HHKB BT」に変えたら仕事のパソコン作業が楽しくなった

毎日パソコン作業でキーボードを打ちまくっているmasaya(@masayamuko)です。

この度、最高のキーボードと噂高い「HHKB BT」を思い切って購入しました。これが最高でパソコンでのタイピング作業が楽しくてたまりません。購入してまだ一週間ちょいですが、このキーボードで仕事をするのが楽しい理由を書いて行きます。噂に違わぬ最高のキーボードです。

「HHKB BT」での作業が楽しい理由

とにかくタイピングが気持ちいいです。
名前のHHKBは、Happy Hacking Keyboardの略。ハッピーって名前があるだけあって、本当に幸せになれます。

キーの形状が特殊

HHKBのキーボードは一つ一つが中心に少しずつ傾いていて、指が捉えやすい形状になっています。

こんな風になっているキーボードはこれが初めてです。手を包み込むような特殊なタイピング感を得られます。

ちょうどいい反発感でスピードが出る

反発感があって、押した後戻って来て勢いがつくように感じます。
今までmacbookなどの柔らかいキーボードを使っていたのでこの感触が不思議でした。最初は少し重たく感じましたがすぐ慣れて押してる実感を強く得られて満足感があります。

最後まで押し込まなくても拾ってくれる

深いストロークのキーボードって、最後までぐぐっと押し込まないと入力できないイメージだったのですがそうでもないようです。
HHKBは押すときは少し重みがあるけれど、それは一瞬で次の瞬間下まで押し込めているようなイメージです。力加減がわかってスピードに乗ってくると一番下まで押し込む前に津次のキーに指がいくようなかたちで、スコスコスコっとうてるようになりました。

このスピードに乗って来たときの音と感触が気持ちよくてたまりません。
「めちゃくちゃ続けざまに気持ちよく打てた」という実感が得れ、その快感を求めてなんどもいつまでもタイピングしたくなるという不思議現象に見舞われています。

今までこんな気持ちにさせてくれるキーボードはなかった

気持ちよく打ちまくれたときの感触がたまらなくて、それをなんども追い求める。
とにかくキーボードを打ち続けたい。

少し大げさそうに聞こえますが、実際にそんな感じで打つのが楽しいです。本当に買ってよかった。
タイピングする仕事をどんどん入れたくなりますw

今はプログラミング学習をしながら少しずつコードを打つよりも
わかっていることや文章をタイピングし続けたい。そう思うくらいです。

英字キーボードを探しているときに評判がいいこのキーボードを発見

Macbook Proを買う際に英字キーボードにしたことをきっかけに外付けキーボードも英字キーボードでさがしていました。

英字キーボードにした理由などはこちら

日本語キーボードから英語キーボードに代えた!その理由と代えた感想

そんな中でググっていると高評価のレビューばかり書かれていたので、とびっきり値段が高くてビビりつつも書いました。
日本語キーボードもありますが、英字キーボードの方がキーの数が少なくて印字もシンプルで僕はタイプでした。

ネット上でのHHKBのレビュー

「手がキーボードに張り付くような感覚」
「ずっと打っていたくなるキーボード」
「Macbookと一緒に持ち歩いてる」
「デメリットは、このキーボードしか使えなくなること」

そんな高評価ばかり目にしました。
そして、使ってみてこれらは、本当だと思い知りました。。。

まだ打ち慣れないキーがあるけどそれも楽しい

実はまだ慣れきっていなくて、英字キーボードの記号の配置は今まで日本語配列を使っていたので当然ですが、それに加えて矢印キーが難しいです。ファンクションキーを押しながらエンターキー左周辺のキーで行います。ここでもたついて少しイラっとするのですが、時々うまくリズムよく使えて逆に嬉しかったりw

そんなこんなで慣れないキーの存在もタイピングを楽しくしていると思えるくらいたのしめています。

今のこのキーボードの良さを知ったその感覚のまま記事にしてみました。

これの感覚が日常で当たり前になっていくの寂しいなーと思いつつも
ネット上のレビューのようにこのかさばるキーボードをMacbookとともに持ち歩くようになったり、このキーボード以外を使いたくなくなるのはこわいなーと思っています。

このキーボードの気に入り方は異常なのでまたどこかで紹介することになると思います。
全部のキーが慣れきったら他の保有者みたいにタイピング動画とかも撮ってUPします!

PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT 英語配列/墨 PD-KB600B

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。