軽トラハウスBLOGはコチラ

目的と手段を履き違えて活動して「5年」もう明確な夢や長期目標はいらない。

3ヶ月ぶりの更新です。ここ3ヶ月ではいろいろなことありました。

結果だけ書くと、いろんなことが重なって自分の田舎移住とゲストハウス開業を見つめ直し「夢はこれじゃない」と気づきました。方向修正します。

目的と手段を履き違えていた。そう思います。

そしてそれにぼんやり気づいてからも、なかなか明確にできず踏ん切りがつかずこの5年前に決めた「夢」に縛られ続けてました。

・意地になってたかも
・周りの応援を裏切ってしまうの怖い
・逃げかもしれないという考え

こんなことが頭に浮かんで、無意識に認めたくなかったんだと思います。

今回はそんな
・「目的と手段」を履き違えて軌道修正までに時間がかかったこと
・もう明確な夢や長期目標は持たないと決めたこと
について書きました。

大半の人にはなんのメリットもないと思われる「自分の脳内整理 & 自分を癒すため」の自己満足な文章です。読まれるのが恥ずかしいやつ。

こんな人には、ほんの少し参考になるのかも?
・過去に見つけた夢と「今やりたいこと」のズレに悩んでいる人
・明確な夢や目標がないことに悩んでいる人

そして、「田舎でゲストハウスしたい!」って言ってきてそれを応援してくれたみなさん本当にごめんなさい。

これからは変化の激しい日々でずれたり矛盾したりしないよう具体的な長期目標は掲げません。

今まで目指していた夢はなくなってなんかすごく虚しいけど、「本来の目的」の部分を再確認できました。これからは”夢”に縛られず妻と2人で着実に生きやすいワクワクする生活を目指して進んでいきます。

目的と手段を履き違えるな!

「目的と手段を履き違えるな!」

いろんなとこで耳にしたことがある気がします。
わかっていたようで、まさか自分がそうしていたとは思いもしませんでした。

自分がどんな夢(目的)を持って、どういう方法(手段)で叶えようとしていたかというと。

【これまで】
目的 「田舎でゲストハウスを生業に!」
手段 「移住しても収入に困らない状態を作る」

これを疑わずにきたのですがこの「目的」と思っていた
「田舎でゲストハウス」 = 単なる手段
にすぎず本当は下記のような状態だと認識できました。

【現状】
目的 「旅中のような刺激ある交流、自然の癒しを定期的に得る。定住して安定的に生活する。」
手段 「田舎でゲストハウスを生業に!」
→ あれ? そもそもゲストハウスがしたいんだっけ?
本来の目的を達成するための手段の一つにすぎないよね?
他の方法の方が自分にとっていいかも? こんな状態。

ショック。。。。

5年前に見つけた”夢”はただの手段だった。

旅や自然が大好きな僕、「田舎でゲストハウス」を作ることが夢だと思って疑わず大学卒業から5年活動してきました。

いろいろなバイトを経験しながらこのブログをきっかけに独立、どこでも働けるデジタルノマドとなって、ようやく念願の田舎移住を果たしゲストハウスを作ろうという段階まできて、ようやく違和感を覚え、気づけました。

「田舎でゲストハウス」はただの「手段」だったんです。そして本来の目的を考えるとしたいことが他にいろいろ浮かびます。

ゲストハウスはすでに選択肢の1つでしかなくなっていて、「絶対にしたいこと」ではない。今の僕は他の手段を選んだ方がワクワクするって気づいたのです。

夢を見つけた当時にはゲストハウスが最適解で、他が見えてなかった。それをアップデートしてこれなかったのがこうなってしまった原因だと思います。

そもそもなぜ「田舎でゲストハウス」だったのか

自分がこの夢を掲げたのは5年前、進路に悩んでいた大学生のとき。
就活を終えて旅をするうちに、内定先の企業や自分が就活してきた企業での仕事は「本当に自分のやりたいことではない」と気づいてモヤモヤしている時でした。

就活や趣味でゲストハウスによく行く中で、たくさんの人と交流して、オーナーさんの話などを伺って「ゲストハウスオーナー」こそが自分のやりたいことだ!と思えました。
それまで出会った職業の中でそれが一番自分のやりたいことだったから。

自分の「夢」をそれに決めて内定を辞退してゲストハウスのアルバイトから新卒生活スタートしました。

ここで明確にできていなかったのは自分が人生で求めてきた「本当の目的」は【田舎でゲストハウスを作ること】ではなくて、
そうすることで得られるだろう生活やライフスタイルだったということです。

①旅人や外国人、面白い人と交流した時の刺激を定期的に得れる
②自然に近い場所である程度落ち着いて暮らす

これが本当に自分の得たいもので、「田舎でゲストハウス」はこのための「手段の1つ」にすぎないことを今はわかります。

今よりも視野の狭い当時の自分にとっては「田舎でゲストハウス」というのが最適解だったので、それを固定したまま盲目的に追っていたようです。

定期的に「目的」と「手段」を見直す時間を持つ必要ありますね。

自分が「目的と手段を履き違えたまま5年も活動した」その理由を考えてみた

実は、「ゲストハウス」は違うかもしれないとなんとなく気づく機会は何度かありました。でも、その時の自分は無意識のうちに”それ”に気づきたくなかったと思います。

高知に行って ハヤシはしる(@dxxb1212) さんと話していて、住みびらきの方が自分のしたいことに近いかもと思ったこともありました。

本当の「目的」を見つめれるようになった今の僕は、それを達成する方法が「「田舎でゲストハウス」よりもいろいろと思いつきます。

今の仕事をしながら定期的に長期旅したり、半年おきに引っ越したり、毎週末自然を感じれる場所で過ごしたり。ServasやEsperantoコミュニティの人、住み開きスタイルで無償で人を受け入れたり。

今はゲストハウスよりも他のことの方にワクワクしています。

多分いっとき前からこうだった中
「なぜすぐに方向転換できなかったのか」と考えると
いろいろなことが引っかかっていたと思います。

それについて書き出してみます。

1. 意地になってたかも

「夢を周りの人に話せば叶う」そう聞いて、「留学したい」って言って在学中に休学留学したように今回も「ゲストハウス作りたい」と言い続けてきて叶えるまでやらなきゃと躍起になっていたことが1つの理由です。

言ったからにはやらなきゃ!
みたいな考えで意地になっててその先の「本当の目的」を見つめ直す柔軟性を失っていました。

2. 周りの応援を裏切ってしまう恐怖

今まで5年間、この夢を言い続けていろんなチャンスを頂いたり応援していただけたりしました。応援してくれた人、いつも応援してくれている人、本当にありがとうございます。

僕は多くの人に応援してもらって嬉しくて「あなたの協力のおかげで夢を叶えれました!」そう報告するのを楽しみにやってきたところもあります。違うと気づいた時、今まで応援してくれた人を裏切ることになるかもしれない、そう思って言い出せなかったのかもしれません。

こんな気持ちが強くて無意識のうちに気づかないようにしていたのかもしれません。

「ゲストハウス作るから」と思って楽しみにしていてくれた方、申し訳ありません。多分、今の僕は近いうちにゲストハウスを作ることはないと思います。

3. 逃げかもしれないという考え

これも僕を苦しめました。「田舎でゲストハウスを作る」と一度立てた目標を達成せぬままやめてしまうことは逃げではないのかという考えがなんども頭を巡りました。

・物件探しが大変(予想以上に使えそうな空き家ない)
・計画してたほどお金周りの目標を達成できていない
・地域おこし協力隊の活動が合わず2ヶ月で退職
・自分が思ってた以上に近所付き合い下手

そんないろんな言い訳が頭を巡るし、今でも多少はこれらを言い訳にしてゲストハウスがしたくないと考えているだけではないかとも思ってるとこもあります。

*それでも、多分本当にやりたいことだったらいつものように言い訳せずに振り切ってやるから。田舎でのゲストハウスは今の僕にとって本当にやりたいことではないのだろうと気づけました。

これに加え、別の地域でやりやすい環境が揃っていたら、ゲストハウスやりたかったかな? とも考えましたが、想像力の乏しい僕にはその環境になってみないとわからないと思います。

夢や長期目標はいらない

長期目線で「具体的な目標や夢」を掲げてしまったことが自分を苦しめたと思います。その方がかっこいいし、伝わりやすいから。「明確な目標ややりたいことがあっていいね!」なんて言われるので調子に乗っていたと思います。もうしません。

人も環境もどんどん変化し続けるもの。夢も目標も、自分ができることが増えて自分の暮らし方、働き方、人付き合いが変われば変わってくるものだから長期で具体的な目標を掲げるのはリスキーだなと学びました。

長期目線の具体的な「夢や長期目標」はリスク。

これからは長期目標はぼんやりとした方向性やイメージだけを思い描いて、短期目標を繰り返して望んでいる方向に進みます。

そう心に決めました。

僕のこれから

自分と妻が求めているライフスタイル
いつでも旅に出れる状態、定期的に刺激がある状態。外国人や旅人と交流できる環境。好きなことを楽しんでスキルアップしながら無理なくお金を稼ぐ。

ここに少しづつでも近づいて行けるように。自分たちが楽に、もっと楽しく生きれるように短期的な目標を立て毎日少しづつ進んでいきます。

今の具体的な目標はこんな感じ


この今年の目標を進めて見て、また長期的な目標は変化してくると思います。どう変化するかが楽しみ!

「田舎でゲストハウス」という5年前に立てた目標に囚われ続け、悩み、楽しみにしてくれてた人は期待を裏切ってしまったりして申し訳なく思います。信用を失った関係者さんもいると思い、悔しさもあります。

でもその一方、今までズレていながらも「その夢」があったからこそ得れたものもあります。
・勇気がいる選択に大きく影響を与えてくれた
・自分の進みたい方向でいろんな活動できた
・フリーランスになって選択選択肢増やせた

なので複雑な心境ながら当時その目標を立ててよかったとも思っています。

この「イナタビ」も、自分のテーマからズレているタイトルだと感じる & これを機にいいの思いついたら変えたいと思います。まだまだ自分と向き合い、これからを考える時間も必要なようです。

日々の仕事と、短期目標に向けての活動をしつつゆっくり考えます。
テーマは変わってしまいますが、興味を持ってくれる方はこれからもどうぞよろしくお願いします。

地域おこし協力隊を2ヶ月でやめることになった理由は今回の記事とは以前の全く別物です。どこまで公開していい情報かわからないのと、好きな・お世話になっているうきは市にマイナスな影響が万が一出たら嫌だなと思って書けずにいます。またいつかの機会に書こうと思います。

協力隊に興味があって僕のSNSとか見ていてくれた人は、連絡くれれば個別でお話しますよ〜

4 Comments

現在コメントは受け付けておりません。