軽トラハウスBLOGはコチラ

福岡県「うきは市」に移住決定!地域おこし協力隊員としても活動始めます。

田舎移住を夢見て活動してきたmasaya(@masayamuko)です。

ついに!念願の!
「田舎移住」が決まりました。パチパチパチ〜!!!

masaya

大学を卒業する23歳のときに夢見て、早5年。長かった。。。
うきは市はいろいろとドンピシャで、ビビっときました。その上で、地域おこし協力隊について知り、応募。協力隊として移住することが決まりました。

今までのフリーランスの活動はそのままにうきは市の地域おこし協力隊として活動もしていきます。

自分が理想としていた田舎移住先

ずっと、こういう条件を理想に移住先を探してきました。

・空港にアクセスのいい田舎(1時間程度)
・観光資源が多く知る人ぞ知るみたいなとこ
・ゲストハウスがまだなくて、第一号になれる
・似たビジョンや理想を共有できる仲間がいるところ
うきは市は自分の理想にかなり近くて感動したのでした。

うきは市ってどんなとこ?

フルーツが有名な場所!
道の駅には美味しいものがたくさん。フォトジェニックな棚田や、元城下町の白壁の通りなどもあって素敵な景色がたくさんあります。

最初の印象はこれくらい。あと、会う人会う人フレンドリーでいい。

人との壁があんまりない、でもさらっとしている印象。僕の軽トラハウス見て、「すごいねこれ!中見せて!」って話しかけてきてくれて見せて雑談してたら途中で興味が他に映ったみたいでいつのまにかささっと離れて行かれました。

こんな感じ2回経験したからこういうタイプの人(懐っこくて、さらっとした人)多いイメージです。

空港にアクセスがいい

福岡の端っこ(大分との県境)にあるにも関わらず、福岡空港まで高速で50分でつく距離にあります。これはいい!

空港へのバスもあるようです。これは早いところ調べておこうと思います。

見所が多く「知る人ぞ知る場所」だと思う

街中と山の方に伝統保存地区があったり、移住者の方やローカルの素敵なお店がいっぱいあって素敵なとこでした。

吉井の白壁の街並みに移住者さんたちの素敵なお店がちらほら入っている風景に特に魅力を感じました。これから面白くなるぞ!と。

先日うきは市を案内していただいた際にこちらの記事でも書きました。
→ 【うきは市日帰り観光】ある地域おこし協力隊員のお勧めコース紹介!

福岡の移住先と言えば「糸島」や「福津」が有名ななか、これからすごく注目されていく場所なのではないかと思います。

ゲストハウスがまだない

Airbnbをしているところ、ライダーズハウスをしているところはちらほら耳にしていますが「ゲストハウス」という業態は今のところまだないようです。そして、地域おこし協力隊の方の話ではちょうど欲しいと思っているところだそうです。

ニーズぴったり!

田舎でのゲストハウス開業を夢見てきた身としては最高の環境!

masaya

似たビジョンや理想を共有できる仲間がいる

現地で活動されている方々とゆっくりお話できる機会があってそこでの話がすごく共感できるものでした。

・移住者が増えて欲しいけど、それより「うきは」を好きになって関わってくれる人を増やしたい。

・外国人がいても、偏見や物珍しい目で見られるんじゃなくてそれが普通みたいな環境にしたい。多様性が認められる文化を作りたい。

・子育てをしていく上で子供達が過ごしやすい環境を作りたい。

いろんな想いを持って活動されている方がいて、すごく魅力を感じました。こんな人たちと一緒にいたい。

うきは市の地域おこし協力隊はどんなことすると?

外部アドバイザーさんと連携を取りながら空き家活用に関わる仕事が活動内容です。条件もすごくよくて感動!

募集要項

3 まちなみ再生・活性化プランナー
(所属先:うきはブランド推進課 商工振興係)

〈ミッション〉
市内空き店舗等遊休施設の利活用を図り、その魅力を向上させ、起業・創業・事業
承継等地域経済の新たな担い手の支援及び革新的な事業を創出するための環境整備 をミッションとする。

〈主たる業務〉
【テーマ】
まちなみ再生・経済活動の活性化及び、地域の魅力を活かした起業・創業・事業承継支援

○外部アドバイザーとの連携
・外部アドバイザーとの連携、補佐 ・新たに設置予定のまちなみ再生、経済活動の活性化に寄与する組織委員会等の
運営支援
○空き店舗等遊休施設を活用したまちづくり施策への協力連携
○まちなみ再生・経済活動の活性化に寄与する市の取り組み・施策への協力連携
○地域の魅力を活かした起業・創業・事業承継等を目指す活動の支援
○うきはブランド推進課に関する業務

引用元:平成30年度 うきは市「うきはブランド推進隊(地域おこし協力隊)」 隊員募集要領

待遇

待遇

内容

雇用形態・身分

地方公務員法第 3 条第 3 項嘱託職員としてうきは市長が委嘱

雇用期間

平成30年4月1日~平成31年3月31日
※平成 30 年 4 月 1 日からの着任が困難な場合はご相談に応じます。 ※採用後、勤務評価により最長 3 年以内まで延長することができます。

報酬(賃金)

月額 18 万円(賞与、退職金はありません)

待遇・福利厚生

隊員には、市が借り上げる住宅に居住していただきます。(光熱水費等生活

に必要な費用及び初期費用は隊員負担となります)なお、自己都合により

市が指定する住居に居住せず、市内で別途住居を借り上げる場合は、隊員

負担となります。

その他の手当はありません。

勤務時間

原則として月曜日から金曜日までの週 5 日勤務

8:30~17:15 (休憩 12:00~13:00)

(土・日曜日、国民の祝日、12 月 29 日から 1 月 3 日は原則休み。勤務し

た場合は、平日での振替・代休)
※業務、活動内容により勤務時間変更の場合あり

※時間外勤務の場合あり

社会保険等

健康保険、厚生年金、雇用保険に加入

その他

活動に必要な経費(消耗品・研修参加費等)について、予算の範囲内で市 が負担します。

週4勤務で街と自分のゲストハウス開業に関わりながら働ける

フリーランスとしての仕事も行ったまま取り組ませていただきたいという相談をしたところ週3,4の出勤でも対応いただけるとのこと。話し合った結果、週4勤務に。

まずは、地域の人と関わりながら仕事ができて地域に溶け込むのに大きく力になると思います。

さらに、外部アドバイザーがついた上で、空き家の活用に取り組みながらたくさん学べるし今後ゲストハウス開業のための物件情報も自然と入ってくる良い環境だと信じています。

住宅を市が借り上げて提供していただけ、生活コストが落とせるのもすごくありがたいです。

これからのmasaya

フリーランス・地域おこし協力隊として働きながら、
地域に溶け込むこと・ゲストハウス開業を目指して動いていきます。

フリーランスの仕事

仕事制限・調節して数を減らさせてもらった上で、
これまでのように「NPO法人」、「留学会社」さんのWEB集客・ITツールの導入のお手伝いを遠隔で行います。

ここのとこkintoneにすごい可能性を感じていて注力させてもらっています。

WEB集客関連と業務効率化ITツールはこれからも最新動向に食らいついてどんどん自分で試し提案できるように勉強を続けます。

地域おこし協力隊以外の「うきは」での活動

まずは、うきはでたくさんの場所に訪れて、多くの人たち出会って、地域に溶け込むことを目指します。うきは関連のブログ記事もどんどんあげて、たくさんの人に遊びにきてもらえるようにしたい。

住居はオーナーさんの理解が得られたら住み開きして、金銭のやりとりなしでたくさんの人を迎え入れたいです。

希望してくれるお店の360°写真をとって回ったりもしたい。

引っ越しの日程と苦しい現状w

引っ越し日程はまだ決まっていませんが、3月の中旬 or 下旬になりそうです。楽しみ!!

そしてそれまでの期間がなかなかなハードな状態であります。

事故で壊れたタビトラくんにて「軽トラハウス2人暮らし」はなかなかハードル高かったです。順応性の高い妻でも、ちょこちょこ不満出てくるレベル。

masaya

今の期間苦しいけど応援してくれる人もたくさんいて嬉しい。楽しく乗り切るぞー!

余談

軽トラハウス故障で、修理費40万くらいかかるという話になったので、ハウス部分をレンタルに出して一旦活動中止です。

移住先の生活で車が必要そうで購入に迫られています。妻も協力隊に合格したらローンで購入しようかと思ってます。車購入・維持費とお金かかりまくりそうで恐怖心しかありません。。。

どなたか安く車を購入する方法とか、維持費下げる方法とか知ってる人教えてください。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。