軽トラハウスBLOGはコチラ

【出品者視点アリ】中古品をオンライン購入。説明文と違う時の対処法

写真にハマっているmasaya(@masayamuko)です。

この度、どうしてもフィルムカメラが欲しくなりヤフオクでポチりました!
届いた品をワクワクと開封するとレンズがカビだらけw

説明欄には、「レンズ美品!!」って書いてあったのに。そう思って出品者に連絡をとって対処してもらいました。

問題点を指摘→「返品」だけが選択肢ではない

こういう場合、出品者に連絡をとって”返品対応”をする必要が出てきます。
ただ、実は「返品」だけが選択肢ではなく。「一部返金」をしてもらえる可能性も大きいです。

その理由はあとで説明しますが、簡単に言うと出品者にとっても合理的だからです。

説明文と明らかに違った商品を受け取ったあなたには多くの場合2つの選択肢があると思っていいです。

・返品して、全額返金してもらう。
・返品せずに、一部返金してもらう。

返品せずに商品をもらったまま、一部返金してもらうのは購入者からしたら不思議な感覚かもしれません。説明と違った分値引きしてもらうイメージでいいと思います。

次で書きますが、出品者さんにとっては返品されて再度出品するよりも、商品はそのままで一部返金した方が損失額・時間のロスが少ない場合も多々あるのです。

出品者は「金銭的・時間的」ロスを減らしたい。

自分も過去、海外のオークションサイトで出品していました。
詳しくはこちら「英語できる人向けの副業|eBayで日本の物を売ってお金を作る方法
自分にミスがあった場合、もちろん返品してもらって全額返金していました。

自分のミスで仕方ないとはいえ、大赤字です。

①往復の送料
②再度出品する手間
③サイト手数料
③次売れるまでの在庫リスク

これがかかることが確定します。これをできるだけ減らしたい。
そこで出るのが「一部返金で許してもらう」という選択肢です。こっちの方が損失が少ない場合が多くありました(お客さんが納得すればですが。。。)

「一部返金」をお願いする方法

オークションサイトで中古購入して、届いたものが説明品と違う場合
その旨を明確に伝えた上でどんな対応をしてもらえるか”選択肢をもらう”といいです。

僕の場合は「返品がめんどくさい場合、一部返金もありですか?いくらくらいですか?」とストレートに書きました。

やはり、今回の出品者さんも一部返金の方が損失がすくなかったようで、半額近いお金の返金を提示してくれました。そのお金で自分でレンズ修理を試みようと思います。

2 Comments

現在コメントは受け付けておりません。