軽トラハウスBLOGはコチラ

マウス腱鞘炎になりにくい「トラックボールマウス」が超楽!

ガジェットやパソコン周辺機器が大好きなmasayaです。手首を持ち上げてマウスをうごかすのが嫌いでマウスの代わりにトラックパッドを使って来ました。昔、腱鞘炎っぽくなったこともあります。

今回は手首を動かす必要がない、腱鞘炎にもなりにくい素敵なマウス
「トラックボールマウス」を紹介します。

腱鞘炎どころか、手がものすごく疲れにくいです。楽チン。
一度使ったらこれしか使えない身体になります。

今までトラックパッドでよかった僕も自宅での作業は基本コレ!

腱鞘炎になる理由

マウスを使っていて腱鞘炎になる理由は何と言っても
「なんども手を持ち上げてマウスを動かす」からですね。

手首に負担がいってしまいます。

トラックボールマウスで超快適

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

トラックボールマウスは手首を持ち上げる動作をする必要がありません。
代わりに、親指でボールを転がします。自分が思った以上に親指は機敏に動いてカーソルを必要な場所に正確に運んでくれました。

慣れるまで時間がかかるかと思いきや、1日使ってたら慣れました。
きっと、一日中パソコン使う人は1日で、数分しか使わない人は1週間くらいで普通のマウスやトラックパッドよりも快適に操作できるようになると思います。

また、腱鞘炎にならないだけでなく
・マウスカーソルの移動が速く正確になる!
・マウスを置く場所を気にしなくてよくなる。
といったメリットもありました。

もう2度と普通のマウスには戻れない。
「なんでマウスってああいう形なんだろう」と疑問すら抱いています。
トラックボールこそマウスの正統進化だと思う。

リストレストでも少し改善

腱鞘炎は嫌だけどトラックボールはちょっと
そんな人はとりあえず「リストレスト」を使うだけでも多少はマシです。

エレコム リストレスト 疲労軽減 ショート 日本製 FITTIO ブラック MOH-FTRBK

これを使っています。ゲル素材でやわらく、でも柔らかすぎずちょうどいいです。

理想はトラックボールとリストレスト

どっちも使うとすごく快適。
手首をいたわってあげましょう。

手首は同じ位置でマウスカーソルはガンガン動かせ、今までの悩みはなんだったのか状態間違いなしです。

予算に余裕がある人は上位機だともっと幸せになれる!

予算に余裕がある人は上位機種のこちら

Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO Windows,Mac対応 筋緊張20% 軽減 8ボタン 高速充電式 2年間無償保証

・ショートカットで割あえてれるボタンが多い
・パソコン2台まで登録してボタンで切り替え
・マウスの角度を2段階で変えれる

Bluetooth接続もUSBレシーバーでの接続もどっちでもできて、機敏に反応してくれます。
パソコンのヘビーユーザーや予算に余裕がある人は最初からこっちを買っておくことおすすめです。

僕の場合、安いの買ってすぐ売ってこっちに買い換えましたw

今後きっとマウス腱鞘炎とは無縁なのはもちろん、快適なパソコン操作ができるようになりました。
気になった人は「トラックボールマウス」試してみてください。

2度と普通のマウスに戻れなくなること請け合いです。

持ち運び用にコンパクトなものもほしいなと思いながらも
最近は出先で作業する機会がすくないので思いとどまっています。

それくらい、必需品になりました。

Digio2 Q 小型 トラックボール Bluetoothマウス 静音 5ボタン ブラック 48372
しかも静音。気になる。。。。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。