軽トラハウスBLOGはコチラ

2018年の今、初心者が型落ちミラーレス一眼【X-T1】を買うべき理由

写真にハマっているmasayaです。先日、超コンパクトなミラーレス一眼「Pentax Q-S1」を買ったものの大した腕もないのに写りに満足できず即売っぱらってFujifilmのX-T1を購入しました。

もう4年の前のカメラなのですが、ものすごく高性能。
中古でレンズを入れてもたった7万円ほどで手に入りました!

Fujifilmはオートやプログラムモードでの撮影に慣れている人がマニュアルで撮影を練習して腕をあげるためにいいカメラだと思います。今回はそんな話。

何よりもかっこよくて気に入っている。多少重いのが心配。

初心者にFujifilm X-T1がいいと思う理由

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T1 ボディ グラファイトシルバーエディション FX-X-T1 GS

レンズはキットレンズの標準ズームのものを購入

FUJIFILM 標準ズームレンズ XF18-55mmF2.8-4 R OIS

画質・発色がいい!

FujifilmのこのX-T1
ミラーレス一眼で画質がすごくいいとインターネット上で評判でした。

それにFujifilmのカメラの特徴として、空や人の肌などの発色がすごくいいらしい。
初心者の僕が見てもなんとなく綺麗な気がしています。

写真を練習する上で、いいカメラを使って綺麗な写真を取れるのはモチベーションが上がるので最高です。

マニュアル操作の練習にもってこい

X-T1はマニュアル撮影の練習にもってこいな形状をしています。
カメラの上に、ダイヤルが3つあって、それぞれ下記を直感的にいじれるのです。
・ISO値
・シャッタースピード
・露出補正

さらに、レンズ側にF値をダイヤル式で変更できます。手動感がいい!!

どこをいじったらどうなるのか、直感的に体で覚えやすいのがいいなと思います。これを手にして触りながら学ぶことでマニュアル撮影で大事な値が何にどう影響するのか理解できました。

ミラーレスなため、ファインダーを覘いてみる景色もこれらの値を変更することで変わります。それもいい!
(一眼レフは、光学ファインダーなので変わらない)

型落ちを選ぶ理由

安いからです!
実は最新のモデルに「X-T2」というものが出ています。
小型のもので型落ちの「X-T10」というものもあります。

この2つと悩みました。

「X-T2」

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ グラファイトシルバーエディション X-T2-GS

・センサーが新しく改良された
・ボディサイズは少し大きく
・操作を改善するための変更
・4K動画に対応
・オートフォーカスの性能UP

とかとかで、お金を一切気にしなければ最新のこちらを買ったほうがいいんでしょうが値段が倍以上です。
中古でもボディだけで10万円を切るものがありませんでした。

X-T1はボディのみだとたったの45000円から!

「X-T10」

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T10 ボディ シルバー X-T10-S

小型で軽量のもの。
ボディX-T1よりも安く、30000円からある。

防塵・防滴性能がついていなくて
見た目もX-T1のほうが好きなことからX-T1を選ぶことにしました。

性能で言うと連写性能がちょっと低いくらいで他はほぼ同等の様子。
防塵・防滴は必要なくて、とにかく小型なものがいいという人はこの「X-T10」のほうが安くていいと思います。

マップカメラが安くて安心!

いろんなブログを読んで情報収集するうちに知った
マップカメラで購入しました。

レンズのチェックとかめちゃくちゃ厳しいらしく、安心して買えるって!
実際、記載通りの状態のレンズが来て満足でした。

ボディはどれだけ使われているものがくるかわからないので保険をかけて購入。
マップカメラでは購入金額の数パーセントを払えば保険に加入できて、保証期間は自分で壊してしまった場合でも保証してくれるというびっくりなシステムがありました。

ということで、
写真を本格的に始めたい人でX-T1の見た目が好きな人は
マップカメラでX-T1を買おう!

毎日写真とるぞー!!!!!!

上達して、しっかり写真取る習慣がついたら単焦点レンズ買うんだー

FUJIFILM 単焦点標準レンズ XF35mmF1.4 R

とうとうレンズ沼に片足突っ込んでしまった。こわい。

2 Comments

現在コメントは受け付けておりません。